2016年最後のナンパは神様からの贈り物?

こんにちはしんやです!
今日は年越しにあった何とも嬉しいナンパ話をお伝えしようと思います。

 

2016年の12月31日に高校の同級生3人で忘年会がてらナンパしに行こうという話になり集まる事になりました。

 

待ち合わせは7時に難波ヒップスの前に集合という事で待ち合わせたのですが1人遅刻。
外で待っているのは寒かったのでパチンコアローの中に入って友達が来るまでジャグラーを打って待つ事にしました。

 

すると、ジャグラーに座って1000円でいきなり『ペカ!!』。
これは幸先が良過ぎると友達と顔を見合わせたのですが最終的には6千円突っ込んで6千円バックという微妙な結果になりました。

 

因みに、一緒にいた友達は2千円で発ペカリでそこからいい具合に増えて1万5千円ぐらいになっていました。

 

その後に、遅れていた友達と合流し道頓堀でご飯を食べる事に。

 

年末という事だけあって、どこもいっぱいだったのですがキャッチのお兄さんに空いてるお店を確認してもらいすぐに入れるお店でお酒を呑みながら忘年会&作戦会議。

 

ただ、僕たち3人は30歳でさすがにクラブでずっとはしゃいでられるほど体力はありませんでした。まして、カウントダウンとなるとクラブは若者でいっぱいで若いエネルギーに勝てる気がししなかったので他の場所にする事にしました。

 

 

そして、候補に上がったのが心斎橋にあるスイッチバーというお店です。今まで、興味はあったのですが言ったことがなかったので行ってみようという事になりました。

 

 

時間は11時頃になり道頓堀から心斎橋の方に向かおうとした時、友達の1人が「hub少しだけ覗いて行かへん?」と言いました。

 

ハブは普段結構行く場所で、日によっては女の子も可愛く声のかけやすいナンパスポットです。いい子が居なければすぐに出ればいいと思ったので3人でハブに入ってみました。

 

 

すると、中に1人だけ周りとは明らかに違うオーラを放った可愛い子が、、、

 

絶対にこの子に声を掛けようと近づくと、3人組の男に声をかけられて楽しそうに会話をして居ました。

 

ショック!!これは諦めるしかないと他に物色していると友達が「3人組の男がいなくなってあの子フリーになったからチャンスやで!」と教えてくれたのです。

 

僕はそのチャンスを逃すまいと速攻で声をかける為に近づくと、なんとその女の子の方から「友達がめっちゃよってるんだ」とフレンドリーに声をかけてきてくれました!!

 

 

なんて日だ!!一体なんて日だ!!

 

 

僕はその神様に頂いたチャンスを生かす為に、必死にその子を会話で楽しませました。

そして、年越しのカウントダウンを終えて、その子と友達2人がナンパした女の子2人と3対3でカラオケに行きました。

 

 

ただ、僕のお気に入りの女の子は真面目で硬い系なので今日何かあるという事は期待できませんでした。

逆に、僕の友達2人の方は結構いい感じで1カップルはホテル街に消えて行き、もうひとカップルは僕の自宅マンションに泊まりに来ました。

 

 

僕はお気に入りの女の子を返し自宅に寂しく帰ると、先に帰っていた友達カップルが完全にモゾモゾしているではありませんか!!!

 

 

なんて日だ!一体なんて年明けだ!!

僕は空気を読んで、しばらく時間を潰してから帰宅して新年初日を迎えたのでした。

コメントを残す